北九州の近辺でも最近はボードゲーム会が増え、大体1時間半程度走れば到達できる場所にボードゲーム会が増えてきました。
北に行けば、山口県方面のボドゲ会があり、東に行けば中津、宇佐のボドゲ会、西に行けば福岡市周辺のボドゲ会と、北九州が出発点になった場合、どの方向もだいたい同じくらいの時間かかります。

で、私の場合、それらのボードゲーム会に行くときは、4~5名で車に乗り合わせて行くことが殆どです。
一人で行ったことは、多分今まで無い気がしますw

そんなことで、大体1時間半前後、車でドライブして出動するわけなのですが、車の中はボードゲーマーばかり。
そこで、よく遊ばれるゲームを紹介します。

元々は水平思考パズルの「ウミガメのスープ」がうちのスタッフ間で流行ったときに、スタッフのありうむさんから教えて貰ったゲームなのです。
バンダイからも20Qというゲームが出ていて、ゲームの様子はそちらでも楽しめます。
二十の質問のwikiはこちら

で、基本的には20の質問のままなのですが、うちでやっているルールを簡単にまとめてみます。
あくまでドライブ中の暇つぶしのようなものなので、きっちりとしたゲームになっているかは不明ですが、いつも盛り上がってますw

「20の質問北九ver」
・プレイヤーは出題者とそれ以外の回答者に分かれる。

・ゲームの目的は、全員で協力して20回の質問中に答えを導き出す。

・出題者は何でもいいから、答えを一つ思い浮かべる。
この時、答えの範囲を広げすぎると、最初の5回くらいの質問がほぼ同じ内容になってしまうので、ある程度範囲を狭めるのが良いでしょう。
うちらでよくやるお題は「子供の時に好きだったお菓子」「初めて映画館で観た映画」「最初に買ったボードゲーム」などで、ある意味話題としても悪くないお題にするとより楽しめると思います。

・答えを思い浮かべたら質問タイム。
回答者は相談して、出題者にする質問を決め、出題者に質問をします。
質問を受けた出題者は、「はい」「いいえ」「どちらとも言えないorわからない」の3択で回答します。
この時、「はい」「いいえ」のどちらかで答えた場合、質問の回数をカウントします。
「どちらとも言えないorわからない」で答えた場合、質問の回数はカウントしません。

・以上を繰り返し、20回の質問の間に答えにたどり着いた場合、全員勝利。
 20回の質問を使い果たして答えにたどりつかない場合、全員敗北。

※ホントは残りの質問回数などで得点とかも考えていたのですけど、やってるうちにそういうゲームじゃないということで、ここには書いていません。

といった感じで、遊んでいますw
あくまでドライブ中の暇つぶしなので、非常にゆるーーーーーーく遊べるルールになっています。
ちなみにこのゲームの場合、ドライバーも参加出来なくないので、私が運転手をすることが多いので、非常に重宝していますw

このゲームの代わりに、少し前にブラックストーリーズなどでも遊んでいたのですが、さすがにネタ切れおこしてきたので、こっちに戻りましたね。

ちなみに答えは身近なものにしたりすると、出題者の意外なことがわかったりして楽しかったりします。
車で乗り合わせてボードゲーム会に行かれる際、ぜひ一度お試しください。

案外楽しいものですよ・w・b