P11002411830年のベルギー初代国王のレオポルド1世のイラストが印象的な、中身は非常に歯ごたえのあるボードゲーム「外なる王」です。
プレイヤーたちは、独立したてのベルギーを舞台に、産業を発展させていきます。
この当時ベルギーはヨーロッパ大陸でもいち早く産業革命を成功させ、非常に発展していきました。
この辺り、少し背景を調べると色々と分かって面白いですよ。
ベルギーはカカオ取れないのに、何でチョコレートが有名なんだ、とかね。

P1100240ちなみに箱の大きさを比べてみると、見てお分かりの通り、非常にコンパクトになっています。
個人的には、このサイズでしっかりと遊べるボードゲームってだけで、かなりのお気に入りだったりします。
同じくらいのサイズでは、八分間帝国とかシュメールとかは取り回しが楽で、ゲーム時間もそこそこで良いですねぇ。
まあ、比較写真を載せたのは、自分自身箱が予想以上に小さくて驚いたってわけではあるのですがw

P1100245内容物としては、しっかりとしたボードゲームです。
コマの多さと、ゲームボードの地図から、エリアマジョリティのゲームというのが、ひしひしと伝わってきますw
またゲームボードの左側には、アクションが描かれており、このゲームがワーカープレースメントであることも、じんわり分かります。
あ、白い大きなコマは国王コマなのですが、レオポルド一世の肖像画の上に最初は置かれていますw

ゲームとしては、基本的に8つのアクションのうち、1つのアクションを選び、自分のコマを置いてそのアクションを行う。
全員が1度ずつアクションを行うと、次のラウンド、といった感じに進んでいくワーカープレースメントです。
しかし、ラウンドが終了しても、コマは置かれたままになっているので、自分の番になった時に、空いているアクションしか選ぶことができません。
この点は非常に重要で、自分が行いたいアクションを前のラウンドに行った人の次の手番に順番がなるようにしないと、思いのアクションを行うことができません。
なので、このゲーム順番の取り合いは非常にシビアです。

P1100247また、順番だけでなく、このゲームではお金を手に入れる手段が物凄く少ないため、お金を確保することも非常に重要です。
余談ですが、うちの周りでは「お金のあるゲームでは、基本的にお金を集めた方が強い」といった格言めいたものがあるのですが、このゲームでもお金はかなり重要です。

そうして、アクションの取り合いをしながら、ゲームボード上でエリアの支配権や、工場の設立を行って行かなければなりません。
工場はお金を増やしてくれる工場と、がっつりVPを与えてくれる工場の2種類があり、そのエリア最多を取っている人に恩恵を与えてくれます。
なので、うっかり工場を変な所に建てて、あっさり他のプレイヤーに乗っ取られるってこともあるので、この辺り他のプレイヤーの動向をしっかりと見据えないとなりません。

そして国王がエリアにやってくると、得点計算が行われ、そのエリア最多のプレイヤーに得点をもたらしてくれるのですが、国王の得点計算の前に、議会が動きます。

P1100250国王が移動して、得点計算を行うエリアが決まると、議会最多のプレイヤーのコマが、全てそのエリアに移動することを選ぶことが出来ます。
この為、議会により多くのコマを置いているプレイヤーがいると、おいそれと簡単に得点計算を行う分けにもいきません。
この辺りのプレイヤー間の絡みは、非常によくできています。

そしてゲームの終了条件も非常にユニークで、一つがよく見かける系の、「全ての工場が得点計算をしたら終了」というものと、「国王のコマが、2番目に多くVPを持っているプレイヤーのぶつかった時点で終了」というものだったりします。
国王は最初30VPを持っているのですが、移動の度にVPを1点ずつ失っていきます。
この辺り、何かモチーフ的なものがあるのかなぁ?と思って調べてみたのですが、ちょっと気が付かなかったですねぇ。
ちなみにベルギーは、レオポルド1世、2世の世は物凄く発展しているので、VPが下がるってのが何を表しているのか・・・。

とりあえず簡単に紹介を書いてきましたが、このゲーム、全くランダム要素がありません!
だからといって、手順ゲーになるかと思えば、そうとも言えません。
実際、序盤の流れは手順ゲーになりそうですが、コマの配置の仕方などで、全く展開が変わります。
なので、ある程度戦略をしっかり立てて、臨機応変に対応することが求められます。
しかしルールが短くて簡単なので、繰り返しプレイして、自分なりの戦略を立てて遊ぶのも良いと思います。

P1100248
このレビュー(?)を書いていて思ったのが、このゲーム、一番近いゲームはエルグランデかもしれません。
エルグランデをコンパクトにしたゲームと言っても、そんなに遜色は無いような気がします。

箱が小さくて持ち運びも便利なので、しばらく交流会にも持っていきますので、遊んでみたい方はお気軽に声かけてください。