ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • レビュー

レビュー

The foreign King(外なる王)

1830年のベルギー初代国王のレオポルド1世のイラストが印象的な、中身は非常に歯ごたえのあるボードゲーム「外なる王」です。 プレイヤーたちは、独立したてのベルギーを舞台に、産業を発展させていきます。 この当時ベルギーはヨ …

LCR(エルシーアール)

最近運ゲー云々がTLを賑やかせているので、運ゲー、作業ゲーと呼ばれる「LCR」を取り扱ってみようかと。 ま、私が実際このゲームを紹介する時は「人間力が試されるゲーム」とか適当なことを言うことが多いですがw さて、このゲー …

Burg Flatterstein(コウモリ城)

「ごきぶりポーカー」で有名なドライマギアの新作アクションゲーム「コウモリ城」です。 メビウスからアナウンスがあった時から、ある意味一番楽しみにしていたゲームですw コンポーネントは見ての通り、立体的なところが特徴ですね。 …

World Monuments(ワールドモニュメント)

ワールドモニュメントは、4つの偉大な建物のうちの一つをプレイヤー全員で建設し、より高得点を目指すボードゲームです。 で、このゲームの作者Piero Cioniなんですけど、あまり見ない名前だなぁと思って調べてみたら、アメ …

Xeno Invasion(ゼノの侵略:レースフォーザギャラクシー拡張)

ちなみにこの拡張セットはまだプレイしていないので、プレイしたらまた改めてレビューを書きますw 私の大好きなカードゲーム、レースフォーザギャラクシーの5番目の拡張セット「Xeno Invasion」です。 レースフォーザギ …

Oh my Goods!(オー・マイ・グーッズ!)

「スカイアイランド」「ブルームサービス」で、2年連続のドイツ年間エキスパートゲーム大賞を受賞したA・プフィシュター作の「オー・マイ・グーッズ!」です。 「グーッズ!」の辺りに日本語版の拘りを垣間見れたようで、日本語版作っ …

Black Fleet(ブラックフリート)

本当は海賊ブラックの後に、このブラックフリートを紹介しようと思っていたのですが、ドイツ年間ゲーム大賞が発表されたら仕方ないですねw さて、このブラックフリート。名前にブラックがついてますが、海賊ブラックとは関係ありません …

Codenames(コードネーム)

さて、今日発表されましたね。 今年のドイツ年間ゲーム大賞を受賞したのは「コードネーム」でした!! 個人的には「イムホテップ」に受賞して欲しかったけど、まあそれはそれで。 コードネーム自体は、HJが日本語版を出してくれてい …

Der schwarze Pirat(海賊ブラック)

せっかく夏なので、今度の交流会で海や船のゲームを持って行きたいなぁと思っていて、準備しているゲームの1つです。 2006年ドイツ年間子供ゲーム大賞を受賞した「海賊ブラック」です。 このゲームも中々出番が無かったのですが( …

カルタヘナシリーズ

今度の交流会用にボドゲ倉庫から、海や船のテーマのゲームを発掘してて、久しぶりに目に付いたので、カルタヘナシリーズを用意してみました。 まあシリーズと言っても、カルタヘナ1、2と3、4は作者が異なるのですが。 またテーマと …

Broom Service(ブルームサービス)

ブルームサービスカードゲームのレビューを書いたので、ついでに2015年ドイツ年間エキスパートゲーム大賞を受賞した「ブルームサービス」も書いてみます。 先日も書いたように、このゲームは兄弟のように基本システムがほぼ同じゲー …

Broom Service: The Card Game (ブルームサービスカードゲーム)

2008年ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされたカードゲーム「魔法にかかったみたい」のリメイクで、2015年ドイツ年間エキスパートゲーム大賞を受賞したボードゲーム「ブルームサービス」のゲームシステムの一部を取り出して、遊 …

STONE AGE JUNIOR(ストーンエイジジュニア)

2016年度ドイツ年間子供ゲーム大賞を受賞したボードゲーム「ストーンエイジジュニア」です。 最近だとダイナスティやマルコポーロの足跡で有名な、ハンス・イム・グリュッグから、子供向けゲームが発売されたと、当初から話題のゲー …

SCHMUGGLER(密輸団)

カタンの開拓者で有名なトイバー親子作の「密輸団」ですね。 前作のツーモルトロイヤルは、ゲームボードを使ったしっかりとした思考ゲームとアクションゲームの融合した良いゲームでしたが、今回は、ブラフとアクションが上手いこと融合 …

DAO(ダオ)

先日の交流会でも、何回もプレイされた「DAO(ダオ)」です。 説明では中国の道を指す言葉らしいのです。 カードは5色あり、中国の五行思想に基づいたカードが用意されています。 なので、多分中国哲学の道(タオ)がテーマになっ …

1 2 »

Count per Day

  • 26023総閲覧数:
  • 40今日の閲覧数:
2017年7月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

おしらせ

PAGETOP
Copyright © 北九州ボードゲーム交流会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.